Blog  - ブログ -

日々の出来事をのんびり気ままに綴るブログ

e-Tax対応のICカードリーダー

2020年1月26日

早いもので、今年も確定申告が近づいてきました。青色で確定申告をしている人は、青色申告特別控除(65万円)を受けられる特典がありますが、どうも来年の2021年3月申告分から55万円に変更になるとか。しかも、引き続き65万円の控除を受けたい場合は、e-Taxによる申告または電子帳簿保存に加え承認申請書を税務署に提出しないといけないようなんです。

e-Taxによる申告または電子帳簿保存に加え承認申請書を税務署に提出すれば控除額が増えるなら納得もいきますが、これまでどおりの申告方法だと10万円も引かれるなんて。その代わりといっては何ですが基礎控除額は38万円が10万円増加して48万円になるそうです。(一部の例外を除く)

今年の確定申告までは、これまでどおりでOKですが、なんとも強制的な感じが否めません。会計ソフトで入力しているので承認申請書を税務署に提出すれば問題ありませんが、マイナンバーカードも取得しているし、いずれe-Taxに移行していく流れになるだろうと予想して、今回e-Tax対応のICカードリーダーを購入してみました。


今回、amazonが在庫切れだったので楽天で購入しました。商品名は「ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380」で、お値段は2,779円(税込)でした。
※上記リンク先はamazonになっています。
このICカードリーダーは、e-Taxなどの電子申告のほかに、楽天Edy・Suica・WAONなどの残高・利用履歴を確認したりチャージができるそうです。


使用方法は、パソコンと本体を付属のUSBケーブルで接続すると自動でドライバのインストールが始まるらしいのですが、何度か試したところ自動インストールが始まらなかったので手動でインストールしました。また、各サービスを利用するには、各ソフトをインストールしないと利用できないので少々面倒かも。

私の場合、e-Taxの利用が目的なので、ほかのサービスはあまり必要性を感じませんが、Suicaのインターネットサービス(チャージしたりネットショッピングの支払いに利用する場合)は2020年9月に終了予定されていたり、PaSoRi対応の楽天Edyアプリ(iOS用)は、2021年8月にサービスが終了予定されているようなので、電子マネーの利用を目的とされている方は各サービス内容を確認してから購入することをおすすめします。

さて、手始めにSuicaを利用しているので、電車の利用履歴や残高を確認できるソフト「SFCard Viewer 2(無料)」をインストールして利用してみたところ問題なく見ることができました。(乗車履歴や残高の表示は最大20件まで)

来月に入ったらe-Taxで申告するために必要な利用者クライアントソフトをインストールして、電子申告にチャレンジしてみようと思います。

Windows10へアップグレード

2019年9月1日

長らくお世話になったメインPCのWindows7ともお別れの時がやってきました。延長サポートの終了期限(2020年1月14日)が刻々と近づいてきているのもあり、今年に入ってからWindows10へのアップグレード関連記事をちょくちょくネットでチェックしてました。移行作業は長い休みのときじゃないと心配なので5月の連休に予定をしていたんですが、体調不良で潰れてしまったので8月のお盆休みを利用してアップグレードしました。

念のため、Windows7の環境を丸ごとバックアップをとって、外付けHDDにデータ一式バックアップをとって、Windows10へのアップグレード方法を調べて…などなど、いろいろと時間はかかります。アップグレードにも1時間半くらいかかりましたか。それから、ソフト関連やツールなどWindows7のときと同じ環境に構築していくのも一仕事です。一部、Windows10に対応していないツールがあったので代わりになるものを探したり。

その後、ブルースクリーンに何度かお目にかかりましたが、やっと落ち着きました。ただ、最近になってシャットダウンしたのに勝手に再起動することがしばしばあるので気になります。この症状、ネットで調べるとあちこちで皆さん遭遇しているようです。

便利になる一方で不具合も多々あるので、個人的にはあんまり便利にならなくてもいいかなあといった心境です。ただ、処理速度は俄然速くなりました。

参考までに、Windows10への無償アップグレードのサービス、過去の話かとあきらめていたら、現時点でもマイクロソフトの公式サイトで無償でアップグレードができます。対象は正規のライセンス認証を持っているWindows7とWindows8.1のみになるそう。まだの方はお早めに~。

カセットテープ MP3コンバーター

2019年2月17日


だいぶ昔の話ですが、ウチにあったカセットテープのプレーヤーが壊れたのを機に、子どものころに録音したであろうカセットテープや、学生のころに友人から借りてダビングしたカセットテープもろもろを思い切って処分した中、とっておいたカセットテープが2つありまして。

そのカセットテープは、5・6年生(2年間)のときにお世話になった担任の先生が小学校を卒業するときにクラス全員に渡してくれたもので、中学校のブラスバンド部の先輩たちが小学校の体育館で演奏してくれたときの楽曲や、クラスのみんなでアカペラで歌った曲、一人ひとり2年間の思い出と中学に向けた抱負が語られたものが入っています。

どうにか聴く方法はないかと調べてみたら、これがあったんです。

商品名は「カセットテープ MP3コンバーター」といって見た目はカセットプレイヤーなんですが、ダビングしたいカセットテープをセット後、USBを接続して録音するとMP3に変換してくれるというもの。amazonで購入、お値段は2,799円(税込)でした。


実物を見たときは、あまりにも簡単な作りだったので(比例してお値段も安い)半信半疑でしたが、いざ変換してみると……。想像していたより音質はよく、問題なく聴くことができました。説明書に「変換するときはボリュームを最大に」とあったので、テープ独特のザーっという雑音が入ってしまうんじゃないかと危惧していましたが大丈夫でした。

どのくらいのクオリティを求めるかで満足度は違ってきますが、私は満足のいく結果となりました。数十年ぶりにiTunesで聞いてみたところ、タイムスリップしたような感覚でしたが、まったく違和感がなく当時12歳の自分に会えたようで感慨深いです。

2台のパソコン間で同じキーボードとマウスが使える優れもの

2018年6月24日

現在、メインがWindows7、サブがWindows10、モニターは1台という構成で使用しているパソコン環境ですが、そうなると通常キーボードとマウスも2つ必要になり、デスクの上が狭くなって使いづらくなります。Windows7のほうは、すべて有線にしているんですが、Windows10はBluetooth(無線)でキーボードとマウスを接続しているので、使うときだけデスクの上に出せばいいのでデスク周りもスッキリ。ただ、問題がひとつ。接続がよく切れます。しかも、起動時にキーボードとマウスの両方が繋がらないときはお手上げです。ログインできません。そんなことが何回も続くとイライラして精神衛生上よくないので、ふと有線で使っているキーボードとマウスがWindows10でも使えたら便利だろうな~と思っていたら、ありました!

これ、BUFFALOの商品なんですが、2台のパソコンに繋ぐだけで1組のキーボードとマウスが2台のパソコン間で使えるようになります。しかも、マウスカーソル移動をはじめ、ファイルコピー、コピー&ペーストと2台のパソコンを行き来することが可能なんです。なんてすばらしい!私の場合、モニターが1台なのでファイルコピーとコピー&ペーストはちょっと難しいですが、画面を切り替えるだけで、キーボードとマウスは同じものが使えるのでとても便利です。

使用方法はとても簡単で、2台のパソコンの各USBポートに挿入すると自動的にドライバーがインストールされるので完了すればOK。マウスカーソルは、各OSを行ったり来たりするときに多少タイムラグがありますが許容範囲なのであまり気になりません。

商品名は「パソコン自動切替器(マウス/キーボード) ブラック BSKM203」でamazonで購入。お値段は1,845円(税込)でした。

OSはWindows10までOKですが、バージョン1803については未対応のようなので確認必須です。そのほか、マルチディスプレイは未対応だったり、環境によってはうまく動作しない場合もあるようなので、仕様を確認してからの購入をおすすめします。

【追記】
現在は(2018年7月12日時点)、BUFFALOの公式サイトで最新版ファームウェアが公開され、Windows10 バージョン1803対応済みになりました。
 

Adobe Creative Cloud メンバーシップ更新

2017年11月21日

2年前から、Adobe Creative Cloud コンプリートプランに契約してAdobe製品を使用していますが、早いもので3回目の更新時期がやってきました。

今までは、Adobe製品のソフトを購入すれば、契約などせずに使用できていたわけですが。今でもCS6をメインで使用していてCCはほとんど使用していないので、正直とても無駄な経費です…。まあ、仕事上CCも使用できる環境でないと困るので、やむを得ない感じでしょうか。

1回目(2015年)は、Creative Suite CS6製品ユーザー対象向けのCreative Cloud特別提供というのがあったので、通常価格4,980円(税抜)/月のところを初年度特別価格1,980円(税抜)/月で購入できてラッキーでした。

2回目(2016年)は、ちょうど更新する時期にAdobeでキャンペーンをしていたので、初年度特別価格3,980円(税抜)/月で購入できてまあまあラッキー。

で、今回は特にキャンペーン中じゃなかったので通常価格の4,980円(税抜)/月での更新になるので、以前から気になっていたAmazonのオンラインコード版を購入してみました。これは、通常価格の20%OFFの金額で購入ができて、月々で計算すると3,984円(税込)になります。

ただ、すでにAdobe Creative Cloudを年間プラン月々払いで契約している場合、更新方法を間違えると、ものすごく面倒なことになるようなことがAmazonのレビューに書かれていたので躊躇しましたが、現在はすんなり更新できることを知りオンラインコード版へ切り替えてみました。もう少し待てば、年末セールで30%OFFくらいになりそうですけど。

ちなみに、現在Adobeではキャンペーン中で12月1日まで3,980円(税抜)/月で購入できます。私が更新したときは、まだキャンペーン始まっていませんでしたけど、ハハハ。

Calendar

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive

Recent Posts