ブログ

日々の出来事をのんびり気ままに綴るブログ

2017年11月21日 Adobe Creative Cloud メンバーシップ更新

2年前から、Adobe Creative Cloud コンプリートプランに契約してAdobe製品を使用していますが、早いもので3回目の更新時期がやってきました。

今までは、Adobe製品のソフトを購入すれば、契約などせずに使用できていたわけですが。今でもCS6をメインで使用していてCCはほとんど使用していないので、正直とても無駄な経費です…。まあ、仕事上CCも使用できる環境でないと困るので、やむを得ない感じでしょうか。

1回目(2015年)は、Creative Suite CS6製品ユーザー対象向けのCreative Cloud特別提供というのがあったので、通常価格4,980円(税抜)/月のところを初年度特別価格1,980円(税抜)/月で購入できてラッキーでした。

2回目(2016年)は、ちょうど更新する時期にAdobeでキャンペーンをしていたので、初年度特別価格3,980円(税抜)/月で購入できてまあまあラッキー。

で、今回は特にキャンペーン中じゃなかったので通常価格の4,980円(税抜)/月での更新になるので、以前から気になっていたAmazonのオンラインコード版を購入してみました。これは、通常価格の20%OFFの金額で購入ができて、月々で計算すると3,984円(税込)になります。

ただ、すでにAdobe Creative Cloudを年間プラン月々払いで契約している場合、更新方法を間違えると、ものすごく面倒なことになるようなことがAmazonのレビューに書かれていたので躊躇しましたが、現在はすんなり更新できることを知りオンラインコード版へ切り替えてみました。もう少し待てば、年末セールで30%OFFくらいになりそうですけど。

ちなみに、現在Adobeではキャンペーン中で12月1日まで3,980円(税抜)/月で購入できます。私が更新したときは、まだキャンペーン始まっていませんでしたけど、ハハハ。

2017年5月7日 無線LANルーター新調

今年の4月ごろから、急にインターネットの回線速度が遅くなり、おかしいなあと思いながら早1カ月ちょっと。状況としては、Webサイトを閲覧中にページが真っ白になってしまったり、しばらくフリーズしてしまったり。インターネットラジオを聴いていてもプツプツ途切れる…終いには勝手に停止。テキストメールを受信するだけでも遅い。こんなに遅かったっけ?と思うほどの速度です。あまりの遅さに、むか~しISDNを利用していたころを思い出しました(苦笑)

基本、メインのパソコンは有線で使用しているので、こんなに遅いのはおかしいわけで、なにか対策をしないとダメだなあと思って調べてみたところ「IPv6」というワードが浮上。

※「IPv6」の詳細は下記からどうぞ。
「IPv6アドレスを用いたインターネット接続」について|フレッツ光ネクスト
https://flets.com/next/ipv6/
(私はフレッツ光ネクストを利用しているので、その情報です)

で、現在使用している無線LANルーターは、一応「IPv6」に対応していたので、さっそくプロバイダー経由で「フレッツ光 IPv6接続(無料)」へ申し込みをして、完了メールが届くまで1時間30分ほど待ち、無線LANルーターのIPv6パススルー機能とやらの設定をしてみました。

結果、むむっ、まったく速くなっていない…。しかも、さらに遅くなっているような?これじゃ、仕事に差し支えるではないかー。そんなわけで、さらに調べたところ、私とほぼ同じ状況で困っていた人のコメント(新しくする前の無線LANルーターの機種やプロバイダーなどの環境がほぼ同じ)を価格.comで発見!対処方法として、無線LANルーターを新調したら、おどろくほど快適な環境になりました。

今まで使用していた無線LANルーターは、2011年08月に購入したので今から約6年前になりますが、このご時世6年も経つともう買い替えどきなんですかね?正直、壊れていないのに交換するのは気が進みませんが、いたしかたありません。ひとまず、もとの環境に戻ってよかったです、ホッ。

余談ですが、こういった製品は賛否両論なので、同じ製品を購入しても環境は人それぞれ。感想も「すごくいい!」と言う人もいれば、「最悪…買わなければよかった」と言う人もいて、購入するときはいつもドキドキです。「あー、どうか無事つながりますように…」といった心境です。


ちなみに、新調した無線LANルーターはBUFFALO製品のWXR-1901DHP3です。以前に比べるとサイズも大きく、少々ごつい感じが否めませんが、ホワイトなのでスッキリして見えます。一緒に、LANケーブルも新しいものにしました。

2016年3月29日 5年ぶりに新調

前回の機種変から5年がたちました、早っ。さすがに5年ともなると、その間にアプリも進化していき、その一方で容量もどんどん増えていき、私のスマホでは限界がきてしまったようで、いろいろと不都合が生じてきました。(余談ですが、前回も5年で今のスマホに機種変した模様。

そんなわけで、新調してきました、スマホ。今まで富士通の『F-12C』を使っていて特に不便さは感じなかったので、今回も富士通にしました。そうなると『arrows Fit F-01H』か『arrows NX F-02H』になるんですが、虹彩認証に興味津々だったので『arrows NX F-02H』にしてきました。虹彩(こうさい)とは、瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、虹彩認証とは、自分の目の虹彩部分をスマホに登録しておくと画面を見るだけでロック解除やWebログインが可能になる便利な機能なんです。ちなみに、メガネでもコンタクト使用時でも今のところ問題なく使用できています。

しかし、今のスマホって、こんなに進化していたんだなあと、まるで浦島太郎の気分でした。確かに、今の若者たちがスマホに夢中になってしまうのもわからなくはありません。今、自分が高校生くらいだったら1日中見ていそうです。

数日かけて、いらないアプリはどんどんアンインストールして、わからない設定方法や操作は調べて、ようやく自分仕様になりました。あー、疲れた(苦笑)
さて、5年後には、どんなスマホが登場しているんでしょうか!?

2015年2月9日 ピンキング現象

以前、使っていたiPod shuffleが壊れてしまったので、2年ほど前からiPod nanoを愛用中ですが、しばらくバッグにしまっておいたら、イヤホンのコードが薄いピンク色に変色しているではないですか。イヤホンは付属のApple EarPods with Remote and Micを使用中で色はホワイトなんですが、拭いても拭いてもピンク色…。ネットで調べても思うような情報が得られなかったので、仕方なくApple Storeで新しいApple EarPods with Remote and Micを購入。

ところが!またもやバックにしまっておいたら見事にピンク色。さすがになんでだろう?と気になって再度ネットで調べてみたら「ピンキング現象」ということがわかりました。「ピンキング現象」とは、皮脂や排気ガスの影響だったり、暗い場所で保管していると起こる現象らしいのですが、日光に当てると回復するとのことなので、半信半疑でお天気のいい日に6時間ほど(9時~15時くらいまで)ベランダに干していたら、ほぼもとのホワイト色に戻りました。あら、なんて不思議。

以前のiPod shuffleのときは、同じ使い方をしていてもこんな現象は起きなかったので、イヤホンの材質が変わったのかな?なんて思ったりもしていますが、解決策が見つかってよかったです。

2011年10月2日 エネループ モバイルブースター

111002.jpg
スマートフォンに機種変してから数日たちましたが、ようやく慣れてきたかなといった感じ。アプリもいくつかダウンロードしてみて「フムフム、なるほどねぇ」と要領がわかってきました。最後まで苦戦していた着信音も、アプリを入れて気に入った音に変更できたので、ひとまずホッ。で、気になっていたのが電池切れの場合の対処方法。今までは予備の電池パックを持ち歩いて、電池が切れたら単純にカバーを開けて交換していましたが、今度のスマートフォン、裏全面がカバーでちょっと開けづらそう……。別の方法はないかなと調べてみたら、写真の『エネループ モバイルブースター』を発見!

私が購入したのは、高容量タイプのKBC-L54Dで、内蔵リチウムイオンバッテリーが5400mAhあるタイプで、ACアダプターとUSBの2種類の方法で充電が可能です。 フル充電したときの場合で、スマートフォンに可能な充電回数は2回~2.5回(目安)。私が使っているF-12Cは、まだ対応機器に掲載されていませんでしたが、特に問題なく使用できました。これなら、わざわざカバーを開けて、電池パックを交換しなくてもいいので便利かな~と。重さは約142gなので少々重く感じますが、許容範囲なのでOK。
111002_02.jpg
USBが2口あるので、2台同時に充電できちゃいます。
111002_03.jpg
スマートフォンにつなげると、こんな感じ。これで、外出時の電池切れの心配はなくなりました。

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ